機械魔術WEB始動しました。 | 機械魔術fes.
MENU

機械魔術fes.

機械魔術Fes.ブログ機械魔術WEB始動しました。

機械魔術WEB始動しました。

機械魔術Fes.2018
第零回復活祭
新大久保アースダム
2018年6月30日(土)開催決定!

とTOPにある通り開催を決め、制作進行中、WEBも公開開始しました。

 

最初のブログ記事になるので、開催を決めた理由をここに書き記します。

機械魔術とは、新宿ウルガで2007-2016年の約9年の間行っていたイベントで、私の肌に馴染む機械制御のグルーヴを導入した、怪しい魔術的要素のある変わったバンド達。彼等の拠点、と主催者が言うのもなんですが活動の場、実験の場となるべく、回を重ねて来ました。

 

当時私はまだウルガのスタッフとしての運営だったので、正確には「企画/制作:新宿ウルガ+私」となります。そのウルガが2016年に閉店する事になり、イベント自体も一旦幕を閉じます。

ウルガ亡き後、このイベントをどうして行くか、続けるなら会場はどこが良いのか、毎月やる様な開催頻度が良いのか、どうあるべきなのか考えあぐねておりました。

 

現在、定期的に続いているシリーズイベントをやっている人や、一店舗ごとゴシック/アンダーグラウンドに造詣が深いライブハウス等も有り週1に近い頻度でイベントを打ち出していたりする中、「それらと近い内容をわざわざ私がやらんで良いんじゃないか」と想い、身の回りのバンドのサポートをやりながらしばし寝かせておりました。

 

それでも今回年一回のイベントをやろうと思ったのは拠点も実験の場もあるなら、後このシーンに必要なのは分岐点、もしくはハードルなのかなと想い、そんな役割を担っている人が少ないんじゃないか…
例えがでか過ぎますが、アスリートが目指すオリンピックの様な、参加者がライバルの存在を糧にしたり、自己ベストを競う祭典になると良いなと
「それならそれを目指してみよう」とイベントの開催と育成を決めました。

 

開催頻度は世のロックフェスと同じ「年に一度」として
12ヶ月かけてじわじわと祭の内容の「悪ノリ」を肉付けして行きたいと思っております。

機械魔術fes.2018ロゴ